• くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 文化・スポーツ
  • 産業・ビジネス
  • まちづくり・環境
  • 安全・安心
  • 市政情報

現在地:

更新日:2016年8月31日

印刷する

 成田市では、市内農地土壌の放射性物質の簡易測定を実施しました。

放射性物質簡易測定について

 市内を5キロメートル×5キロメートルの13に区分して、それぞれの区域から田、畑を1地点ピックアップし、測定を行います。
 今回は、水田・畑土壌ともに、昨年及び一昨年と同地点はすべて測定を行いました。
 農地土壌における、放射性物質の基準値は設定されておりませんが、市内農地土壌の放射性物質濃度の分布の目安とするために公表するものです。
 なお、平成26年産の農産物等の検査では、基準値を超える放射性物質は検出されておりません。

調査の概要

調査地点

市内水田土壌:12地点
市内畑土壌:13地点

採取時期

平成27年1月17日から1月28日

調査方法

市内農家の協力を得て市が調査ほ場の選定、土壌採取を行い、NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータにより測定
測定器について
名称:食品放射能測定システム
メーカー:日立アロカメディカル株式会社
型式:CAN-OSP-NAI φ2×2型NaI(Tl)検出器
検査仕様と方法
「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」(厚生労働省)、「NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータ機器分析法」(文部科学省)に準拠

市内農地土壌の放射性物質濃度の測定結果

  • 農地土壌放射性物質検査予定区域図

水田土壌

単位:ベクレル/キログラム(注1)
水田土壌の放射性物質簡易測定結果の表
地点 セシウム134 誤差(注2) セシウム137 誤差 合計 誤差
地点1(高岡) 14.9 ±4.40 60.1 ±11.9 75 ±12.7
地点2(野馬込) 19.4 ±7.23 71.7 ±14.0 91.2 ±15.8
地点3(北羽鳥) 34.4 ±7.62 118 ±22.2 152 ±23.5
地点4(西大須賀) 18.5 ±5.03 61.4 ±12.2 79.9 ±13.2
地点5(芝) 18.7 ±5.14 71.4 ±14.3 90 ±15.2
地点6(横山) 21 ±7.48 67.2 ±13.3 88.2 ±15.3
地点7(北須賀) 17.1 ±4.73 61.2 ±12.1 78.3 ±13.0
地点8(新妻) 38.7 ±8.39 132 ±24.8 171 ±26.2
地点9(新田) 14.2 ±6.05 57.7 ±11.6 71.9 ±13.1
地点10(一坪田) 20.2 ±5.36 76.7 ±14.9 96.9 ±15.8
地点11(台方) 14.7 ±4.56 57.3 ±11.5 72 ±12.4
地点12(畑ヶ田) 14.5 ±4.46 63.4 ±12.5 77.9 ±13.3
(注1)ベクレルとは、放射能の強さを表す単位で、単位時間(1秒間)に原子核が崩壊する数を表す。
(注2)誤差は3σ(範囲内の確立が99.7%を表わします。)
 
(注意)地点13の区域には水田がないため、水田土壌は12地点を測定した。

畑土壌

単位:ベクレル/キログラム(注1)
畑土壌の放射性物質簡易測定結果の表
地点 セシウム134 誤差(注2) セシウム137 誤差 合計 誤差
地点1(高岡) 15 ±4.34 53.5 ±10.7 68.5 ±11.5
地点2(名木) 6.82 ±5.98 29.2 ±6.80 36.1 ±9.05
地点3(竜台) 28.1 ±6.52 96.4 ±18.4 124 ±19.5
地点4(名古屋) 22.4 ±5.56 74.3 ±14.5 96.7 ±15.5
地点5(芝) 12.1 ±4.29 55.9 ±11.3 68 ±12.1
地点6(横山) 16.2 ±6.49 41.6 ±8.81 57.8 ±10.9
地点7(大竹) 14.6 ±6.00 52.5 ±10.6 67 ±12.2
地点8(新妻) 30.5 ±6.77 102 ±19.4 133 ±20.6
地点9(吉岡) 15.9 ±4.60 54.3 ±11.0 70.2 ±11.9
地点10(一坪田) 26.8 ±6.44 89.7 ±17.3 116 ±18.5
地点11(台方) 10.2 ±3.60 37.9 ±7.89 48.2 ±8.68
地点12(大清水) 12.1 ±8.87 51 ±10.4 63.1 ±13.7
地点13(南三里塚) 14.6 ±8.44 56.1 ±11.2 70.7 ±14.1
(注1)ベクレルとは、放射能の強さを表す単位で、単位時間(1秒間)に原子核が崩壊する数を表す。
(注2)誤差は3σ(範囲内の確立が99.7%を表わします。)

畑土壌

単位:ベクレル/キログラム(注1)
畑土壌の放射性物質簡易測定結果の表
地点 セシウム134 誤差(注2) セシウム137 誤差 合計 誤差
地点1(高岡) 21.9 ±7.48 53.0 ±10.6 74.8 ±13.0
地点2(名木) 9.50 ±5.45 36.1 ±7.77 45.6 ±9.50
地点3(竜台) 41.6 ±8.68 109 ±20.6 151 ±22.3
地点4(名古屋) 23.5 ±5.80 70.9 ±13.8 94.3 ±15.0
地点5(芝) 21.5 ±7.03 48.3 ±9.94 69.8 ±12.2
地点6(横山) 16.7 ±6.70 43.2 ±9.01 59.9 ±11.2
地点7(大竹) 21.9 ±5.44 51.0 ±10.4 72.9 ±11.7
地点8(新妻) 23.2 ±5.80 64.1 ±12.7 87.3 ±14.0
地点9(吉岡) 22.6 ±8.33 65.7 ±13.1 88.3 ±15.5
地点10(一坪田) 26.5 ±6.43 74.9 ±14.7 101 ±16.0
地点11(台方) 14.6 ±6.08 35.5 ±7.58 50.1 ±9.72
地点12(大清水) 15.2 ±8.46 47.1 ±9.84 62.3 ±13.0
地点13(南三里塚) 7.32 ±4.94 30.3 ±6.69 37.6 ±8.32
(注1)ベクレルとは、放射能の強さを表す単位で、単位時間(1秒間)に原子核が崩壊する数を表す。
(注2)誤差は3σ(範囲内の確立が99.7%を表わします。)

これまでの測定結果

このページに関するお問い合わせ先

経済部 農政課

電話番号:0476-20-1541

ファクス番号:0476-24-2185

メールアドレス:nosei@city.narita.chiba.jp